ホークス私的データ室  >>  背番号一覧  >>  和田 毅(ワダ ツヨシ)

#21 和田 毅(ワダ ツヨシ)


和田 毅  21
基本情報
出身地 島根県出雲市
生年月日 1981年02月21日(30歳)
身長 179cm
体重 77kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 自由獲得枠
初出場 2003年4月1日
年俸 2,000万円(2012年)
経歴
  • 島根県立浜田高等学校
  • 早稲田大学
  • 福岡ダイエーホークス
    福岡ソフトバンクホークス (2003 - 2011)
  • 年齢の表記は2011年4月1日時点の年齢です。

プレースタイル

球の出所が見えにくい独特のフォームから最速148km/hのストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブを投げ分ける。スライダーは横変化だけでなく縦変化のものも駆使し、2010年までは被打率1割台を記録するフォークも交えていた。通算の与四球率2.46とストライクゾーンに集める能力はある一方で逆球も多く、やや球質が軽く本塁打を浴びやすい。

通算の奪三振率8.27と奪三振が多く、「自分の生命線はストレート」と語っている。平均球速は約137km/hだが、ストレートには打者の手元でのノビがあり、球持ちが長くボールの初速と球速の差が小さい。ボールの回転数もプロの平均値を大きく上回るが、本人は回転をかけようという意識はないと言い、「体幹がでんでん太鼓のようにグッと回れば、自動的に腕が振られてボールが腕から離れていく」というイメージを持っているため、手先の部分は「ボールを軽く持つ」くらいの意識しかないという。

遠投は90~95メートルほどで、高校時代の最速も129km/hだったが、右手の使い方を「壁を作りながら、リリース時に右手を支点にするように一気に身体側へ引き寄せる」ように改良したところ、大学1年時の夏から秋にかけての1ヶ月半で球速が最速142km/hまで増加。本人は「おそらくそれまでは142km/h出るはずのパワーをどこかに逃がしていた。右手の使い方を変えたことが下半身のタメを保つことに作用し、体の軸と体幹もうまく使えるようになった」と自己分析している。

年度別投手成績

















































W
H
I
P
2003 FDH
SBH
26 8 2 0 14 5 0 -- .737 781 189.0 165 26 62 1 195 1 0 77 71 3.38 1.20
2004 19 7 0 0 10 6 0 -- .625 534 128.1 110 23 38 3 115 2 0 67 62 4.35 1.15
2005 25 4 0 1 12 8 0 0 .600 741 181.2 154 17 65 2 167 4 0 69 66 3.27 1.16
2006 24 6 3 3 14 6 0 0 .700 657 163.1 137 18 43 1 136 2 0 57 54 2.98 1.10
2007 26 2 0 0 12 10 0 0 .545 757 182.0 168 15 45 5 169 6 1 65 57 2.82 1.15
2008 23 3 0 2 8 8 0 0 .500 671 162.0 167 12 37 3 123 3 0 65 65 3.61 1.25
2009 15 1 1 0 4 5 0 0 .444 337 84.1 72 13 24 1 87 1 0 39 38 4.06 1.14
2010 26 1 0 1 17 8 0 0 .680 696 169.1 145 11 55 1 169 2 0 59 59 3.14 1.18
2011 26 4 2 2 16 5 0 0 .762 726 184.2 145 7 40 4 168 5 0 33 31 1.51 1.00
通算:9年 210 36 8 9 107 61 0 0 .637 5900 1444.2 1263 142 409 21 1329 26 1 531 503 3.13 1.15

タイトル

表彰

記録

投手記録

打撃記録

通算記録

背番号履歴

推定年俸推移

2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003
33,000 21,000 23,000 22,000 20,000 14,500 9,500 8,000 1,500

福岡ダイエーホークス2003年ドラフト指名選手

自由獲得枠:和田毅 / 自由獲得枠:新垣渚 / 4巡目:溝口大樹 / 5巡目:大野隆治 / 6巡目:森本学 / 7巡目:田中直樹 / 8巡目:稲嶺誉

このページの選手データはWikipediaより転載しています。(和田毅)|GFDL(GNU Free Documentation License)